猫がハムスター化したようです


3万円する高級クーラーボックスに8億円もの投資が集まるKickstarterで、また変わった製品が人気を集めていました。「にゃんこ向けの回し車」です。投資額は3500万円を超え、1800人以上が発送予定の9月を心待ちにしています。

カラカラカラカラ…と音はしませんが、猫の動きに合わせてくるくる回ります。組み立てしやすく、水洗いしやすいのも売りということでした。

直径は約121cm、細めのタイヤにスケボーのウィール(車輪)がくっついたような形です。従来は499~1400ドル(5~14万円)と高価だった猫用回し車を、わずか199ドル(2万円)で手に入れられるという価格破壊が売りになっています。

(というか今までもそんな商品があったことが衝撃です)

デモムービーでは、猫を飼っている女性は「猫は回し車を使っていると気持ち良さそう。ベンガル猫は普通の家猫よりも運動が必要ですから」と話しています。猫はもともと狩りをする動物。運動不足は大きなストレスになりかねません。

世界中のにゃんこが運動不足を解消して、たっぷり飼い主と遊べるといいですね。というか、回し車が必要なのは飼い主のほうだったりして?

Kickstarter 商品ページ

K.M.

書籍・雑誌・WEBメディアの編集者・記者。ビジネス・カルチャー担当です。主な仕事先はKADOKAWA、講談社など。インタビュー、ゴーストライターなど、お問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です