thumb_140915_wrap

ここ1年で、国内残高が2兆円規模に急増!急成長する「ラップ口座」の人気の理由とは?

個人顧客が証券会社や信託銀行と投資一任契約を結び、資金の運用から管理まで任せることのできる「ラップ口座」。
リスクの許容度に応じた金融商品(株や証券など)の売買をはじめ、資産運用のアドバイスや口座管理など総合的なサービスを含むことから、「WRAP(包む)」という名称で呼ばれている。