カナダ/米国 建設/不動産事業

米ドル建カリフォルニア不動産ローンファンド第81号

米国カリフォルニア州の不動産プロジェクトの支援を目的として組成されたファンドです。

ソーシャルレンディング,クラウドファンディング,クラウドバンク
  • 目標利回り(税引前) ※1

    年率 7.4%

  • 運用期間 ※2

    10ヶ月

  • 担保・保証

    「会員限定情報」等に記載されております。

応募金額
US$ 22,500
応募人数
11 名
目標金額
US$ 22,500
最低投資額
US$ 100
単位:US$ 10
残り時間
募集終了

両替と投資を同時に申請することもできますので、クラウドファンディング口座内に米ドル残高がない方や、米ドル残高以上の投資を希望する方でも、口座残高の範囲内で当ファンドへの投資ができます。

ファンドの営業者であるクラウドバンク・フィナンシャルサービス株式会社は、お客様が投資した当ファンドの資金を複数の融資先への融資等による対象債権の取得とその運用の事業に充てます。以下では当ファンドの複数の融資先の内、主要な融資先※4について紹介します。

ソーシャルレンディング,クラウドファンディング,クラウドバンク

プロジェクト概要

本プロジェクトは本営業者から次の資金使途で資金を借り入れ、ローン・パーティシペーション・アグリーメントに基づく参加資金として使用し、融資先の事業収益等から本件融資の返済を行います。

資金使途 ローン・パーティシペーション・アグリーメントに基づく参加資金の支払い

注)当ファンドは、本営業者が新たに融資を行うことで生じる債権を取得するものです。

注)ローン・パーティシペーションとは、貸主と借主との間に生じた権利義務関係はそのままに、参加割合に相当する資金を支払うことで融資債権から生じる利益とリスクを参加者に移転させるものです。

融資先(BF社・BG社)は、SPV(以下では「本SPV」といいます。)から最終資金需要者に対して行われるそれぞれの優先融資・劣後融資について資金を拠出することにより参加し、その参加利益を受け取るものです。最終資金需要者から本SPVに支払われた利息等はローン・パーティシペーション上の参加利益となるので、BF社とBG社はそれぞれ参加利益の支払いを受けて融資の弁済を行う予定です。

注)SPV=Special Purpose Vehicle: 特定の事業のみを行う目的で設立された会社であり、本件でも最終資金需要者に対する融資を事業の目的としております。

本SPVから最終資金需要者に対して行われる予定の優先融資・劣後融資は、米国カリフォルニア州の土地に4件の戸建住宅を建設し、完成後に同物件を売却するプロジェクトを裏付けとするものであり、この融資には、最終資金需要者が保有する不動産(宅地)が担保に設定されています。 最終資金需要者から本SPVに支払われた利息等はローン・パーティシペーション上の参加利益となるので、BF社とBG社はそれぞれ参加利益の支払いを受けて融資の弁済を行う予定です。

クラウドバンクからの提案 ❶ 米ドル建の資産を保有しよう!

投資格言の「卵はひとつのカゴに盛るな」をご存知の方も多いのではないでしょうか。

分散させることでリスクを減らし、安全性を高めようという考え方です。急速に国際化が進む今、保有する資産を円建て資産だけに集中させず、日本円以外の外貨、特に国際基軸通貨である米ドル建て資産を保有することはカゴをもう一つ増やすことになります。

詳細はこちら →

ソーシャルレンディング,クラウドファンディング,クラウドバンク

クラウドバンクからの提案 ❷ 米ドル建を運用するならやはり不動産に!

透明性、信頼性の高い米国不動産取引

米国の不動産取引では、有資格者のみが営業でき、取引実務では各分野の専門家がサポートし、特に資金の受け渡しでは第三者機関が介在するなど公平性、信頼性が高いものになっています。また、不動産情報についても、すべての不動産会社が登録するデータベースを基にしたものが一般にも公開され、過去の取引価格や修繕時期などまで見ることのできる透明性があります。

詳細はこちら →

米国の不動産担保制度

米国でも、受託者に不動産を自由に売却させて債権者はその代金から債権回収を図るDeed of Trustや、裁判所による差押えと売却を経るMortgageといった不動産担保制度が整備されており、日本の抵当権制度と同様、不動産による債権回収制度が整備されています。

詳細はこちら →

米国の不動産ローン市場を分析!

米国不動産ファンドのCIOで、元アーンスト&ヤング米国拠点の監査人でもあるDavid Trunzo氏が、米国商業不動産ローンの状況について説明してます。米国の不動産市場は好調に推移している一方、銀行等の金融機関が融資に消極的なことから、特に商業不動産では資金調達需要が増加し、より多くプライベート・ローンが求められています。

David Trunzo

STI Wealth Management

Chief Investment Officer

インタビュー記事はこちら →

当ファンドに組み込まれる融資債権の貸付利回り(投資家分配)は次のとおりです

主要な融資先に対する融資債権 主要な融資先以外に対する融資債権
(募集開始時点での予定)
貸付利回り
(投資家分配)
6.4% 13.0%

注)貸付利回り(投資家分配)とは、匿名組合に支払われる利息の内、営業者報酬分を控除して投資家に分配される利率をいいます。

本件ファンドに関する問合せはすべて下記クラウドバンク窓口にお願いいたします

0800-814-7476 (土日、祝祭日を除く平日 8:40-17:40)

※1「目標利回り」は、ファンドに組み込まれた各融資債権の貸付利回り(投資家分配)を基礎に早期償還を考慮して保守的に算出した数値であり、投資金額に対する分配金合計額の割合(年率換算)とは異なります。また、目標利回りは現時点のものであって将来の運用成果を保証するものではありません。
※2 運用期間は、運用開始日から運用終了予定日までの期間を月数で表示しており、1ヶ月に満たない日数は+1ヶ月として計算しています。

※ 本ページは信頼できる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。

※ 本ページ中の数値等はあくまでも過去の実績であり、お客さまの将来における運用成果等をお約束するものではありません。

※ 本ページのファンド名称・号数左上の記載は、当ファンドのカテゴリとして、主要な融資先に対する融資債権の資金使途となる事業内容をもとに、クラウドバンクが便宜上、任意に設定して表示するものであり、その正確性、信頼性、完全性を保証するものではありません。

ファンド概要

米国カリフォルニア州の不動産プロジェクトの支援を目的として組成されたファンドです。

契約名
クラウドバンク匿名組合契約
募集者
日本クラウド証券株式会社
営業者
クラウドバンク・フィナンシャルサービス株式会社

クラウドバンク・フィナンシャルサービス株式会社と日本クラウド証券は、クラウドバンク株式会社を持株会社とするクラウドバンクグループの会社です。また、両社の役員を兼務する者がおります。

営業者の財務情報
平成31年3月31日現在(PDF)
当ファンドの事業計画

本営業者は、当ファンドが取得した債権について、利息等の支払いを含む弁済を受け、担保権を実行し、または債権を第三者に売却し、他のファンドに取得させその他の方法で換価して、得られた利益をお客様に分配し、元本相当額をお客様に償還することを予定しています。

募集期間
2019-07-26 〜 2019-08-16

※応募金額が募集金額に達した場合は、募集期間中でも募集を終了させていただく場合があります。

※募集を終了した後は、投資申込みの撤回や投資契約の解除はできません。

運用予定期間
2019-08-30 〜 2020-05-31

※募集状況または融資の状況により期間前に運用開始する場合があります。

※融資の状況により、応募金額の一部または全部について、運用予定期間の満了前に運用を終了する場合があります。

※運用期間は営業者の裁量により延長する場合があります。運用期間の延長により償還予定日が延期される場合にはお客様へ通知いたします。

※中途解約はできません。

分配開始時期
2019-11
分配日
(原則)月末締め翌月10営業日以内
償還予定日
2020-06-07

※応募金額の一部または全部について運用予定期間の満了前に運用を終了した場合、出資額の一部または全部について償還予定日前に償還する場合があります。

最低投資額
$ 100
追加単位:$ 10
最低成立金額
-
目標利回り(税引前) ※1
年率 7.4%
担保・保証内容
「会員限定情報」等に記載されております。
分別管理の方法

本営業者は、お客様の出資金、対象債権の債務者(保証人および担保提供者を含みます。)からの元本返済金および支払利息等を、本営業者の固有財産を保管する銀行預金口座とは別の銀行預金口座(当該金銭であることがその名義により明らかであるもの)に預金し、分別管理します。

ファンド報告書の交付方法

当ファンドでは、①運用終了日現在の運用報告書を運用の終了した翌月第10営業日までに、②決算期末日(3月末日)現在の運用報告書を5月末日までに、また、③運用終了後は清算事務の結了日現在の清算結了報告書を当ファンドの清算事務を結了した日の翌月第10営業日までに、それぞれ当ファンドの「運用レポート」ページに掲載して公表します。

審査体制
融資にあたっては、貸金業務取扱主任者資格、証券業の内部管理責任者資格、宅地建物取引士資格などを有する役職員や、日本クラウド証券のコンプライアンス担当者等によって構成される融資審査会を開催します。融資審査会では、融資先の資金使途となる事業の収益性、万一の場合の担保権実行等を考慮し、出席者の全員が当該債権の回収が可能であると判断したものに限って融資を承認いたします。日本クラウド証券では、融資審査会において承認された融資による債権を取得するファンドであることを確認し、稟議承認したファンドに限って募集の取扱いを行います。
融資の方針、融資・審査基準
募集ページに掲載していない融資債権であっても、掲載している融資債権と同様に融資審査会を開催し、資金使途となる事業の収益性、万一の場合の担保権実行等を考慮して回収が可能であるとして出席者の全員が承認したものに限って、当該融資債権を取得するものとしています。また、担保については、原則として強制執行または任意売却を行った際に融資総額を上回るものと評価されるものを受け入れており、その評価方法は原価法・収益還元法・取引事例比較法等によるものとしております。
融資債権の管理、回収方針・態勢
ファンドの営業者では、適宜、融資先の事業状況や財務状況の健全性、融資を行った資金の使途、担保の状況の変化等についてヒアリングし、必要に応じて資料の提出等を求める等してモニタリングを行うことで、それぞれの融資債権を管理します。 日本クラウド証券では、毎月および必要に応じてファンドの営業者からモニタリングの状況について報告を受けております。 融資債権について期限の利益が失われた場合、①融資債権について物的担保が設定されていれば担保物件の任意売却を含む担保権の実行、②保証契約が締結されていれば保証人に対する保証債務の履行請求、③融資債権サービサーへの売却、または④第三者による弁済の受入れ等のいずれかまたはこれらの組合せにより回収を図ります。

※1「目標利回り」は、ファンドに組み込まれた各融資債権の貸付利回り(投資家分配)を基礎に早期償還を考慮して保守的に算出した数値であり、投資金額に対する分配金合計額の割合(年率換算)とは異なります。また、目標利回りは現時点のものであって将来の運用成果を保証するものではありません。
※2 運用期間は、運用開始日から運用終了予定日までの期間を月数で表示しており、1ヶ月に満たない日数は+1ヶ月として計算しています。

運用レポート []時点

運用レポートでは現在の貸付状況や分配・償還の状況をチェックすることが出来ます。

運用状況

運用利回り
運用終了後に表示されます
平均運用率
運用終了後に表示されます
応募総額
$ 22,500
運用開始日
2019-08-30
運用終了(予定)日
2020-05-31

分配金(投資金額100ドルあたりの分配金額)

「分配金(投資金額1万円あたりの分配金額)」に記載の金額は、お客様の出資額に応じた分配の際に生じる1円未満の金額の合計額を控除したものとなっております。このため、対象債権毎に記載した「利払い」の「内)投資家分配分」の合計額とは異なります。

※運用期間、分配金等の最終的な合計金額につきましては、ファンド報告書をご覧ください。

現在、分配金の支払はありません。

償還金(投資金額100ドルあたりの償還金額)

現在、償還金の支払はありません。

本ファンドが取得した対象債権

本ファンドの主要な融資先(BF 社)に対する融資債権
資金使途のモニタリング状況
資金使途どおりの費消を確認済み
主要な融資先の財務情報
BF社 財務状況(PDF)
履歴

2019-08-30

  • 対象債権取得
  • $ 18,750
回収予定日
2020-05-31
利息支払状況
期日どおり
返済状況
期日どおり
貸付利回り(投資家分配)
6.4%
主要な融資先以外の融資先に対する融資債権1
資金使途のモニタリング状況
資金使途どおりの費消を確認済み
履歴

2019-08-30

  • 対象債権取得
  • $ 3,750
回収予定日
2020-05-31
利息支払状況
期日どおり
返済状況
期日どおり
貸付利回り(投資家分配)
13.0%

ファンドの財務状況

貸借対照表及び損益計算書

事業者(営業者)の財務状況

営業者の財務情報
平成31年3月31日現在(PDF)

ファンド報告書

運用報告書(分配計算書)・清算報告書
現在公開中のファンド報告書はありません

[注]クラウドバンクでは、融資手続の状況などによりファンドの運用開始時期と融資債権の取得時期が一致しないことがあります。
クラウドバンクではこのふたつの時期に間隔が生じないよう努めていますが、優良かつ安全な融資債権を取得するために慎重に手続きを進めていることから、ファンドの運用開始から融資債権の取得までに期間が必要となりうる点をご理解ください。

※1「目標利回り」は、ファンドに組み込まれた各融資債権の貸付利回り(投資家分配)を基礎に早期償還を考慮して保守的に算出した数値であり、投資金額に対する分配金合計額の割合(年率換算)とは異なります。また、目標利回りは現時点のものであって将来の運用成果を保証するものではありません。
※2 運用期間は、運用開始日から運用終了予定日までの期間を月数で表示しており、1ヶ月に満たない日数は+1ヶ月として計算しています。

トピックス

融資先またはクラウドバンク・フィナンシャルサービス株式会社の事業計画に大幅な修正等が生じた場合等、ファンドの運用に重大な影響を及ぼす事由が発生した場合等に掲載します。

※1「目標利回り」は、ファンドに組み込まれた各融資債権の貸付利回り(投資家分配)を基礎に早期償還を考慮して保守的に算出した数値であり、投資金額に対する分配金合計額の割合(年率換算)とは異なります。また、目標利回りは現時点のものであって将来の運用成果を保証するものではありません。
※2 運用期間は、運用開始日から運用終了予定日までの期間を月数で表示しており、1ヶ月に満たない日数は+1ヶ月として計算しています。

分配スケジュール

ファンドへの投資金額US$100あたり

分配予定月 分配額
2019/11 US$0.57
2019/12 US$0.45
2020/1 US$0.44
2020/2 US$0.45
2020/3 US$0.45
2020/4 US$0.42
2020/5 US$0.45
2020/6 US$2.36
合計 US$5.59

※実際の分配金は、1¢未満の金額を切り捨ててお支払いします。

※BF社およびBG社からの利息の支払い状況によっては上記の分配スケジュールが変更になる場合があります。

分配償還詳細
日本クラウド証券株式会社 Crowd Securities Japan, Inc.

代表番号: 03-6447-0011(土日、祝祭日を除く平日8:40-17:40)

第一種・第二種金融商品取引業者: 関東財務局長(金商)第115号 / 日本証券業協会 加入

〒106-0032 東京都港区六本木七丁目15番7号 新六本木ビル 6F

当社が契約する金融商品取引業務にかかる指定紛争解決機関: 「証券・金融商品あっせん相談センター」

〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-1-1 第二証券会館 0120-64-5005