CROWDBANKGUIDE

クラウドバンク
ご利用ガイド

クラウドバンク利用の流れ

シンプルな方法で、本格的な資産運用を手軽に手間なく行えます。

ご利用に当たってのポイント・注意点

POINT 1「未投資額」となっている資金を極力少なくすることで、資金を有効活用しましょう。

クラウドファンディング口座に資金をお預けいただいているだけでは、リターンを生むことはなく、資産が成長することはありません。「未投資額」を極力少なくすることで、お客様の資産運用の効率が高まります。

特に、分配金を受け取ったり、ファンドの運用が終了して償還資金が返ってきた際に、その資金を投資することなく放置しておくと、その資金が運用されないままとなってしまい、機会損失を生んでしまいますので、投資を行い、運用することをお勧めいたします。

すぐに投資を行わない資金は出金し、お客様の生活の中でご使用される等、活きたお金としてご活用ください。

POINT 21つの融資先に集中せずに分散投資を心がけましょう。

クラウドバンクでの資産運用は、通常の資産運用と同様に、元本が保証されているものではなく、一定のリスクが存在します。

ファンド毎にご説明している主要な融資先等が分散するようにファンドを選び、投資することで、仮に一部のファンドで損失等が発生しても、お客様の資産全体に対する損失の割合を軽減することができます。

単一のファンドまたは主要な融資先が同一のファンドにお客様の資金が集中することのないように投資することをお勧めします。

POINT 3ファンドの募集ページをよく読み、プロジェクトの内容・担保・保証等を確認しましょう。

クラウドバンクが取り扱っているファンドは、ファンド毎に運用内容やリスクが異なります。

各ファンドの募集ページには、投資した資金がどのように運用される予定なのか、主要な融資先の概要や財務状況、担保や保証の内容、具体的リスク、注意事項等が記載されておりますので、ファンドの内容をよく理解したうえで投資するようにしましょう。

POINT 4余裕資金での資産運用を心がけましょう。

クラウドバンクが取り扱っているファンドは、厳格な審査により回収可能性が十分に高いと判断した融資先のみが組み込まれていますが、融資にて運用する以上は一定のリスクが存在し、元本を保証するものではありません。

また、運用期間中は途中解約による返金ができませんので、余裕資金の範囲内でご利用ください。

日本クラウド証券株式会社 Crowd Securities Japan, Inc.

代表番号: 03-6447-0011(土日、祝祭日を除く平日8:40-17:40)

第一種・第二種金融商品取引業者: 関東財務局長(金商)第115号 / 日本証券業協会 加入

〒106-0032 東京都港区六本木七丁目15番7号 新六本木ビル 6F

当社が契約する金融商品取引業務にかかる指定紛争解決機関: 「証券・金融商品あっせん相談センター」

〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-1-1 第二証券会館 0120-64-5005