累計応募金額: ¥ ---,---,---

分配金総額:  ¥985,767,892 | 日本クラウド証券

百武 資薫

Hyakutake Yoshinobu

株式会社ワンハンドレッドパートナーズ

共同創業者及び代表取締役社長

投資商品として見た融資型クラウドファンディング

Crowd Bank(以下CB): 投資商品として見た場合、融資型クラウドファンディングをどのように考えていらっしゃいますか?

基本的には、銀行預金といったほとんどリスクはないもののリターンも非常に小さい商品と、投資信託や株式投資といった元本割れのリスクはあるもののリターンも大きい商品との間を埋める、非常におもしろい商品だと思っています。融資型クラウドファンディングは確かイギリスの会社が最初に始めたと思いますが、あっという間に数百億円、数千億円の規模になりました。非常に小さい金額から投資ができる点もいいと思います。日本ではクラウドバンクさんは1万円から投資できるようですが、まだまだ最低投資金額が高いようですよね。もっと低い金額から投資できるといいなと思っています。

CB: 日本では欧米に比べるとまだまだ融資型クラウドファンディングの市場は小さいですがその要因はどこにあると思いますか?

日本は預金残高だけで約1,000兆円ありますのでポテンシャルはあると思います。ただ一方で日本はまだまだ投資に対する知識が低く、それが普及を妨げている要因ではないかと考えています。これは日本の教育制度に問題があって、学校で「投資」と言うことを教えていないことがそもそもの原因です。実は先進国で投資の授業がないのは日本だけなのです。多くの先進国では小学校のころから投資の授業があります。しかし日本では、投資は学校を卒業した後の世界です。ですから大部分の日本人は投資を怖がってやりませんし、投資をされる方も含めて自己責任の原則など基本を理解していないため、トラブルが発生することもあります。なので、日本でサービスを展開する場合はまずは投資をされる方に投資というものをちゃんとご理解いただける事業展開をしたらよいのではないかと思います。

あとはブランド力だと思います。個人と違って企業は当然投資を理解していますので、投資がわかっている一般的な企業と一緒にファンドを立ち上げる。できれば信用のある会社とのアライアンスを数多く構築していくのがよいのではないでしょうか。

CB: 今のお話をふまえて、融資型クラウドファンディングへ投資するポイントを教えてください。

やはり、資産、すなわち融資元本の保全をどうやってやるかが重要だと思います。もちろん契約履行されないリスクはあります。その場合にどうやって保全を考えているかを確認すべきだと思います。たとえば風力発電事業者への融資の場合、万一風力発電のプロペラが折れた場合、地元住民が反対運動を起こした場合、万一運営会社が倒産してしまった場合、そういった考えられるリスクをリストアップしてそれらに対して保険を含めてどう保全をかけているかが重要だと思います。「我々はこう言った点でリスクを軽減していますので安心して投資をご検討ください。」ということを伝えています。つまりファンドで集めたお金を融資するプロジェクトについての内容、資金使途、担保・保証の内容、融資の概要(できればそれらスキーム図)などをどれだけ明確に描かれているかがポイントだと思います。要は投資家にとって投資リスクを考える材料がどれだけ開示されているかです。

ソーシャルレンディング,クラウドファンディング,クラウドバンク

CB: 百武様は海外の再生可能エネルギー事情についてもいろいろとお詳しいと伺っています。再生可能エネルギーファンドが融資型クラウドファンディングでも多くなってきていますが、どのように考えてますでしょうか?

まず再生可能エネルギーについてですが、日本は海外と比較すると、まだあまり普及していないと思います。特に風力発電が延びないのは日本の政策に問題があるのではと考えています。風力発電は変化率が高いからなかなか普及しないのだとか、いろんなことが言われていますが、基本的にはコストの削減など適切な対策をすればすべて解決する話です。それらを政府が応援しないのが問題です。

まだ再生可能エネルギーは供給が不安定だからお金をかけてはいけないという考えが根底にあり、どうしても火力・原子力をエネルギーの軸にしようと政府は考えているようです。一方で諸外国は良いものはどんどん入れようと言う考えがある。ドイツが初めて固定買い取り制度を始めたのですが、それが今でもちゃんと機能している。日本は買い取り制度の表面的なところだけを真似したから失敗しているだけで、決して再生可能エネルギーがダメなわけではないのです。ドイツにしてもスウェーデンにしても、天気の予測・電気の需要予測などを精緻に行い、誤差を数%程度に抑えてコスト削減と供給の安定化を両立させています。しかし、日本は買取制度の仕組みを模倣したとこで終わっていて、政府がそれと両輪となる需給予測の精緻化を積極的に支援していないのが問題なのです。この考えを政府が改め、再生可能エネルギーへの普及浸透のために、需給調査を積極的に行えば、資源の少ない日本にとって、再生可能エネルギーは間違いなく主要エネルギーになれると思います。

今申し上げたように、再生可能エネルギーには固定買取制度がありますので、再生可能エネルギー発電所から得られる収益もできるだけ広く国民に還元すべきだと思います。ただひとつの発電所を立ち上げるにはそれなりの資金が必要ですので、積極的に再生可能エネルギーに関するファンドを立ち上げ、一般の投資家でも投資できるようにすることは社会的にも意義があることだと思います。もちろん、さきほど述べたように投資家の方に対して十分な投資リスクを考える材料を開示するかも一方で重要ですが。

CB: クラウドバンクに期待することを教えてください。

融資型クラウドファンディングには非常に期待しているのですが、日本ではハードルも高い。ですからぜひ融資型クラウドファンディング業界の「雄」になっていただきたい。口座開設数等の規模を比較しての1位になって欲しいのではないんです。「雄」といっているのは、今まで機関投資家しか扱えない商品や、今まで存在しえなかった新しい角度を組み合わせた商品など、個人投資家がワクワクし、大手金融機関が真似をするぐらいのファンドを出し続けて欲しいと思っています。

新しいファンドを世に出すときは新しいリスクを考えなければいけない。そのためにはクラウドバンクのように一種登録で運営されている会社に業界を引っ張っていって欲しいと思います。ガバナンス、レギュレーション、他の二種登録のみの事業会社には無い内部統制の会社に、業界を引っ張ってもらわないと万一の場合に投資家に不利益を被らせて、かえって業界の信頼を損なうことになります。一種登録のレギュレーションの下で新しいファンドを組成することが、最終的に融資型クラウドファンディングがお客様への信頼を勝ち得ることにつながるのではと考えます。

ソーシャルレンディング,クラウドファンディング,クラウドバンク

百武資薫の経歴

株式会社ワンハンドレッドパートナーズ

共同創業者及び代表取締役社長

事業内容:経営コンサルタント、ファンド事業、広告代理店業務を主軸とした「ウェルスマネジメント」、「ファミリーオフィス」等の分野における包括的なサービスの提供

2008年 ー 2011年

  • イギリスの名門 スタンダード・チャータード銀行にてコンシューマーバンキング部門ジャパン副代表
  • ロイヤルバンクオブスコットランドの証券部門のアドバイザーを務める

2001年 ー 2008年

  • トヨタ自動車の金融部門 トヨタフィナンシャルサービス証券(現・東海東京証券)にて常務取締

1983年 ー 2001年

  • 国際証券(現・三菱UFJモルガンスタンレー証券)にて個人営業・事業法人・人事部門を経験

同志社大学法学部卒 福岡県出身

インタビュー内容は当ファンドのパートナーの立場での発言であり、当社の見解ではございません。